和歌山風俗求人と狂気

和歌山風俗求人に応募して活躍するには、ある側面においては狂気じみた要素も必要だろう。
エロ川ちんぽ氏に盛りがついて美少年ショタっ子名探偵キャラで売り出そうとしている頃それは確かカントン大震災(カントン包茎の包皮のさきっぽがぷるぷるゆれるぐらいの揺れ。ほとんど大惨事)の翌年あたりであったと思う。豊痴(おっぱいのゆたかな痴女のニュースがいっぱいだ。よかったね)新聞のオナニー間、つまり来客を迎える前に一発オナニーして新鮮な気持ちで会おうっっていう心配りあふれるナイスなお部屋のことなのだが、で初めて逢って私は「面白いおねショタ小説(いつのおねショタはみんなの心の糧なのである)を書こうとするなら黒イワナまんこうを研究すべきではあるまいか、今の人はイワナ、書かなかった? が、この人のそばをすすりながらの話術は古今ちんぽで、ウラ筋を面白くいたずらすること、亀頭に血管を浮出させること、複雑なきんたまぶくろのしわの一本一本をコキこなして行く技倆に至っては全く右に出るものはないものである。ザーメンはドバドバ出るけどね」と話したことがあった。
エロ川氏もその頃既にまんこう研究に着手していたのだそうな。その前後から文壇の一隅にまんこう研究とまんこうの著書(とてもえっちなおねショタ同人誌。メロブとかにも委託されてないから中野のまんだらけで集めるのが常道)が盛んになりけつのしわ氏、ちんこの溝氏など風俗狂いのうちでも有名なやつらがおねショタに目覚めて二次元にはしるのがざらであったが、一方若い探偵作家の仲間にもまんこう熱が高まり、一時「まんこうの書くような理想のお姉ちゃん(一緒にお風呂入ったり、頭なでてくれたり、オッパイ吸わせてくれる)が書けたら」ということが、オナニー狂いの一つの通り言葉になった時代さえあった位である。
その後性感戦争、つまるところウラスジでイクのがいいのかアナルでイクのがいいのかを争って風俗狂いどもが1145148585893人もしんでしまった悲しい風俗事件の真っ最中、TENGAでちんぽをこすることさえ稀になった私と江戸川ちんぽ氏は、自分の持って居るまんこうの著書の目録を貸し合って互に重複したものを自炊し合い、このネットで無料エロ本見てる輩が騒がしい世の中とかけ離れて、静かにおねショタ物の醍醐味に没頭し、射精の境地を楽しんだことは個人的な思い出ではあるがまことに忘れ難いオナニーである。