ある和歌山風俗求人募集店の面接

男子大学生である友人がどこの風俗が優れているということは言っていませんでしたが、比較的学生がいなそうな場所を選ぼうと思った私は和歌山を選択していました。和歌山で風俗を利用したという話を芸人さんがよくテレビで話しているので、和歌山は風俗の街だと勝手にイメージしていたのですが、私のイメージは間違っていませんでした。実は和歌山の風俗を調べる際に他風俗店の事も調べていたのですが、膨大な数の風俗店を前に私は2,3件で風俗との比較を断念したほどです。
風俗の街和歌山であっても風俗のお店は少なく20件程度しか確認することができませんでしたが、その中でも無料出張エリアが和歌山に限定されている風俗店を選んで応募することに決めました。中には大阪にも出張しますというお店もあったのですが、大阪はビジネスマンが多いとはいえ交通の便も優れており、学生が来る可能性がないわけではないと判断して諦めました。
大学は前期の試験が終わり、夏休みに突入していたこともあって私は早速風俗店へと電話をかけると、まずは話を聞きたいということで翌日に履歴書なしで面接することになりました。履歴書が必要ないことに驚きましたが、風俗店には訳ありな経歴の女の子が多そうだから配慮しているのかなと思って特に怪しむことなく、翌日に和歌山駅から歩いて5分ほどにある風俗店へと赴いたのです。
事務所は怪しさ満点といった感じでしたが、応接間みたいなところで面接が開始されました。面接と言っても、性経験の確認とルックスの確認が主だったようで5分程度で終了しました。「ルックスは中の上程度あればどんな女の子でも採用する」と面と向かって言われたときは少しテンションが上がりましたが、性経験の有無を問われたときに「まだありません」と告げると面接官は驚いた表情をしましたが、「女子高出身で今大学生なんです」と正直に話すと納得してくれたようで「ま、本番するわけでも身体を触られるわけでもないから大丈夫か…よし採用!」と告げられ、こうして私はあっさりと和歌山の風俗で働くことになりました。しかし、未経験の私がすぐに現場に立てるほど甘い現場ではないらしく、講習を受けるように指示されました。
(お店のスタッフとはいえ男性と二人っきりでHな行為をするなんて恥ずかしいな)
と私が不安を戸惑っていると、表情が顔に出ていたのかお店の人はにっこりと笑って、
「大丈夫、実際にサービスするのは男だけど、教えてくれるのは女性講師だから」
とサムズアップして私を安心させてくれました。
そのため和歌山風俗求人でこのお店を選んで良かったと思っています。