和歌山風俗求人と働く理由

なぜ女の子たちは風俗で働くのか。その理由の一番大きな部分(というよりはほぼこの理由ですが)は「高収入」です。女の子は自分の身体を男性に捧げることでお金を得ています。この風俗の歴史は日本においては随分古く、最初の風俗である「遊郭」ができたのは安土桃山時代と言われています。

風俗で働く女の子の半数以上は現役の大学生や専門学生と言われています。今でも日本の社会は学歴によって就職やその後の収入が左右され、中卒や高卒と大卒以上とでは収入も待遇も絶望的に違うため、皆大学卒業を目指しています。そしていざ大学に入学したとしても、その学費を払うのは大変ですね。現在はこうした社会的背景を踏まえて多くの大学が創設されており、創設20年未満の大学が都市部・地方含めてたくさんあります。もちろん財政の問題もあり、教授や企業とのパイプも大事で、本当に就職に役立つような大学というのは歴史の長いごく限られた大学だけでしょう。大学の大半は私学校なので、国からの補助金が出ない独自の学校を運営をしていますので、学費の設定も非常に高いです。年間で100万以上は払い続けないと大学に在籍することすらできません。自分で学費を払わなければならないとすれば相当な高収入のバイトをしないと不可能です。そこで女の子たちは風俗で働くのです。

風俗の収入はそのジャンルによって大きく異なります。ピンサロであれば平均収入は約30~40万近く、指名をもらうような人気の女の子であれば60万近くを稼ぎ、普通のサラリーマンと収入は大して変わりません。年収は400万以上になるので、学費と生活費を払う分には十分な金額になります。デリヘルだと平均収入は40~60万、人気の女の子と高級店クラスになると月収は100万円を超えます。ソープもまたデリヘルより少し高いくらいの給与で、これだけ稼げれば結構な贅沢ライフを送ることができます。しかし金額が上がれば上がるほど求められるサービスも段々と過激になっていくので、どこまで自分ができるかによります。高収入目当てで慣れない本番行為ばかりしていては身体もメンタルも持たなくなります。毎日見ず知らずの男性と何人もプレイするわけですから、その負担はかなり大きいものと言えます。決して楽な仕事ではありません。

こんな背景があるので、プレイ中に色々無理な要望をするのは女の子にとっても苦です。逆に女の子を癒してあげるような調子でプレイをすれば、女の子も心を開いて身体を許し、より楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

そして和歌山風俗求人への応募を考える女性も、このような原則を忘れないようにすることが大切です。