祇園風俗求人にまつわる話

祇園の風俗求人におけるあれこれ

祇園風俗求人に応募するキャバクラ出身者

祇園の風俗求人に応募する人は、業界未経験者や学生だけでなくソープランド・デリヘルなどの業種を経験して来た人もいるだろう。そして中にはキャバクラなど水商売をしていた経験のある人もいるようだ。京都の歓楽街である祇園で風俗求人を募集している店は、やはり様々な経歴を持った女性が多く働いていると言えるのだ。

この中でキャバクラから転身した女性は、風俗経験者に比べルックス・スタイルなどに優れた人が多い。彼女らは露出度の高い格好をしながらも、風俗で行われるようなサービスをしないで男性客を喜ばせてきた経験を持っている。それは祇園の風俗求人に募集して稼ぐうえでも役立つスキルだ。キャバクラに行く男性客の中には、このような女性とエッチな行為をしたいがために通っている人も少なくない。それだけ男の欲望を刺激する要素のある女性なので、エッチな行為ができる風俗店では人気が出ることも多い。

キャバクラ経験者の課題


ただ問題なのはキャバクラで行っていたような接客が風俗でも通用するかどうか。基本的には接客技術は高いと思われるが、中には男性に対して強い態度で接してきた人もいるだろう。風俗ではいかにお客さんを気分良く楽しませるかが求められるため、男性客に対して一人の大切な人間として接することが出来るかが問われるだろう。それが祇園の風俗求人に応募するキャバクラ経験のある女性の課題であると言えよう。

風俗店で記入したアンケート


こんなことを書いた私は風俗店の面接に参加したことがある。その日は朝10時に家を出発。行き先は祇園の風俗求人として働こうと考えているデリヘルの事務所。祇園駅から徒歩5分ほどのアクセスの良い場所。面接の日時が決まってから、急に不安が押し寄せ、お店の求人内容ばかり確認していた。やっぱり普通のアルバイトとは違って、風俗の面接は緊張する。もう3年以上、この業界で仕事しているが、まだ慣れていない。スタッフの方からきたメールに記載された住所を頼りに、足を運ぶ。着いた!

それは綺麗な建物。約束の時間よりも、5分ほど早く着いた。事務所の階に上がると、「おはようございます!◯◯さんですか!?」「はい…」「お待ちしていました。どうぞ、こちらへ」30代前半くらいだろうか、爽やかで愛想の良いスタッフさんが部屋へ案内してくれた。その部屋で少し待つように指示され、その間に簡単なアンケートのようなものを記載するよう言われる。可能なプレイ、風俗歴などの欄があった。アンケートの記入が終わり、いよいよ祇園風俗の面接が始まる。ここで何とかお店の人に気に入ってもらい、応募した祇園の風俗求人に合格して働きたいものだ。
祇園風俗求人「クラブバレンタイン京都」はこちら