京都風俗求人の面接成功例

京都風俗求人の面接で成功するには?

京都風俗求人の面接では希望をはっきりという

京都風俗求人に応募して面接を受けるときは、自分の希望をはっきりということが大切です。求人を募集する風俗店はとにかく働いてくれる人が欲しいと考えているところが多いため、年齢・経歴・面接態度などに大きな問題が無ければ採用される可能性が高いです。繁華街・京都の風俗求人の中には、高級店・女性を厳選採用する人気店などがあり、その場合は一般のお店に比べると採用率が低くなります。しかしそれ以外は採用される可能性は高いと考えておくと良いでしょう。

ここで問題となることは、採用されたいがために自分の意見を言わないこと。「本当は週2日で働きたいけど、それだと悪いから週4日にする」といった妥協はしない方が良いです。女性の好意に甘えるお店も多いので、妥協しだしたら自分の希望通りに働くことが難しくなります。そのため面接の時点で自分の希望をしっかり伝えることが大切です。もしそれで不採用になったとしても、「ここは自分と合わなかった」と考えて違うお店を探すようなたくましさも必要です。

肩の力の抜けた格好で行く


ここでは京都風俗求人の面接で不採用になる可能性のあることを書いて行きます。まずは服装を気にし過ぎず、ラフまたは堅すぎる格好で来てしまうこと。面接の格好で避けるべきなのは、ジャージや寝間着など家で着るようなラフすぎる格好・友人と遊びに行くような派手過ぎるもの・会社の面接に行くような硬すぎる格好です。

ここで考えるべきは風俗が「接客業」であるということです。お客さんに接客をするときの格好を考えると、派手すぎたりラフすぎるものはNGとなります。また風俗店は一般企業ではないので、ビシッとしたスーツで行く必要もありません。お店のコンセプトに合った格好で行くと良い場合もありますが、基本的には程良く肩の力が抜けた格好が良いでしょう。またどんな服装が良いか気になった場合は、事前に問い合わせて聞いてみるのも方法のひとつです。

お金のことを聞き過ぎない


京都風俗求人の面接で気を付けることのひとつは、お金のことを聞き過ぎないことです。上では希望をはっきり言った方が良いと書きましたが、お金のことばかり聞き過ぎるのは良くありません。他の部分が問題なくても「扱いにくそう」「どこか問題がある」と思われ不採用になることもあります。そのためもしお金のことを色々聞きたい場合は、必ず聞きたいこと2~3個を選んで質問すると良いでしょう。
京都風俗求人はこちら