和歌山風俗求人とお客の考え

風俗の業種のひとつであるソープは本番行為が可能だ。そのため、普段セックスパートナーと行うことのできないようなプレイを楽しむことができる。そしてそのような人がいないような人にとっては、AV・ネット情報・エロ本・友人からの情報などがどこまで正しいのかを実証する機会であるとも言えるだろう。また女の子から受ける様々な責めを楽しむことで、自分にとってどのようなことをされるのが気持ち良いのかを確かめる機会でもある。そしてそのプレイが気持ち良いあまり、セックスの趣向が変わってしまう人もいるという。さらに変な性癖を発見してしまうことも珍しくはない。そのようにソープで遊ぶということは、自分の今までの経験や知識が正しいかどうかを実証するアカデミックな場であり、新たな自分を発見するある意味怖い場所でもあるのだ。

そんな中普段と違う体位でセックスを楽しむということも、ソープで味わえるひとつのアカデミックな営みである。ただ多くの人が好きだという体位は何なのだろう? セックスについて聞かれたアンケートでは、好きな体位という部門で「正常位」がトップということが多い。「正常位」とは仰向けになった女性に対し、男性が彼女を見ながら行為を行う一番スタンダードなもの。男性は腰を動かしやすいのでセックスのときに動きを激しくすることができ、ペニスを深くまで突き刺すことができる。それに女性の表情や反応を楽しみながら行為ができるので、ずっと興奮を覚えながらプレイを続けることができるという利点があるだろう。また女性も特に無理のない体勢であり、特に動くこともないので疲れを感じにくい。それに男性が興奮している様を見て自分も興奮することができる。そして男女両面からの利点はお互いの姿を見ながらセックスができること。お互いのことを本当に好きだという感情があるからこそ、お互いに燃えるように熱いセックスを楽しむことができる。それが「正常位」が人気な要因であるように思う。

しかし色々なソープ嬢とセックスをしてきた経験では、「正常位」よりも「バック」で興奮する人が多い印象を受けた。「バック」は男性・女性ともに「正常位」と比べると無理を感じるような姿勢でセックスを行うため、「正常位」よりも疲れが溜まりやすい。また男性は獣のようにお尻を突き出した女性に対し、まるで自分が彼女を征服したかのようなことを感じながらセックスを行う体位でもある。そして女性はそんな自分のいけない部分に背徳感を感じながらより興奮することができる。そのためセックスという行為が好きなカップルが、更なる興奮を味わうために行う体位であると言えるだろう。そして女性にとっては腰から膣内深くまでペニスが刺さる体位のひとつであることも、「正常位」とは違う興奮を味わえる要因であると言えるかもしれない。しかし「バック」には他の側面もある。男性にとっては女性の背中から腰にかけた、セクシーなラインを見ながら行為をすることができる。そのため胸が決して大きくない女性であっても、無駄な肉のない・お尻が大きいといったスタイルの女性の身体を存分に楽しめる体位なのだ。また女性にとっては相手の男性の顔が見えないという部分がある。女性は頭でセックスをするという説もあり、どれだけセックスが上手くても好きな男性とのセックスほど気持ち良くはならないとも言われているそうだ。そのためソープなど風俗で働く女の子にとっては、自分が好きな男性や好みの有名人などとセックスをしているという妄想の中お客との行為を楽しめる。だからこそソープなどで働いている女性にとっては、その時点で一番興奮を覚えることができる体位であると言えるのではないか。

和歌山風俗求人の応募先では、こういった考え方のお客さんに接客する機会もある。